錆鶴首

content3_img5

価格

BUY NOW!

登り窯で焚いたサビ色の鶴首 

 
鶴首は炎の勢いで首が火に引っ張られる事があります。 

 

なるべく傾かないように、登り窯の正面近くに窯詰めします。


Top